故人の品物を片付けるには

幅広くなるサービス

清掃

富山では様々な事情で遺品整理を業者に依頼する人が増えてきました。そのため遺品整理業者の数も増え、サービスの幅も広がっています。遺品整理業者は故人の遺品を片付け不用品を処分することが主な仕事です。また場合によっては故人の部屋の特殊清掃も行います。富山では一人暮らしの人が自宅で亡くなった場合、日数が経ってから発見されることが増えています。その場合、部屋は人が入ることができないほど荒れていることが多いのです。遺品整理業者は部屋の清掃のほか殺菌や消毒、消臭などの特殊清掃をしてくれます。またこのようなケースでは床板が腐ったり、シミが取れない場合もあります。富山の遺品整理業者は部屋のリフォームまで請け負うところもあります。故人の家族の中には遺品を供養してから処分したいと希望する人もいます。その場合は遺品整理業者が供養の手配をしてくれます。供養は僧侶の読経のほかにお焚き上げなどを行う場合もあります。供養日まで荷物を保管する場所がない場合は業者が預かってくれます。中には保険や車などの名義変更や賃貸住宅の解約手続きなどを代行してくれる業者もいます。最近は生前に遺品整理業者に家財道具の片付けを依頼する人も多くなっています。死後に家族や親戚に負担をかけないようにと考えるからです。しかし体力がない高齢者はそのような片付けさえもままならない人も多いのです。富山の遺品整理業者に依頼することでスムーズに家財道具の整理ができます。

どんなシーンで利用する

清掃

さまざまな場面でお世話になるハウスクリーニングですが、いったいどんなシーンで利用されているのでしょう。たとえばマンションを退去するときは、少しでもキレイにしておくと敷金の面でお得です。また普段なかなか自分で掃除できない場所や、専用の洗浄剤や機器じゃないとなかなか取れないときにハウスクリーニングは役立ちます。最近は誰が亡くなったあとの部屋を掃除するときに依頼されることも多く、不用品処分も合わせておこなってくれるハウスクリーニングも多いようです。費用のわかりやすさもさることながら、注目すべきはそのスピードです。家屋・部屋の大きさや状況を判断してスタッフの数を決めていますので、その日のうちに完璧に仕上げてくれます。たとえば名古屋市では非常にハウスクリーニングの依頼が多くなっています。その理由として名古屋市の労働人口の流動が日本でもトップクラスであるため、入退去がとても多いからです。また大きめの家屋もたくさんあり、そういったところからは家全体のハウスクリーニングの依頼があるようです。名古屋市には業者さんがたくさんありますが、名古屋市外も対象エリアになっています。電話一本ですぐに駆けつけ、無料見積もりをしてくれます。水まわりやエアコンの掃除はとても大変で、長く放置しているとカビやホコリが発生し、ハウスダストの原因になることもあります。しつこい油汚れやこびりついた汚れは、市販の洗剤や用具ではなかなかキレイになりませんので、ハウスクリーニングに依頼するのが一番です。

特殊清掃が求められる状況について

清掃員

清掃業には、特殊清掃という役割を果たす業者が存在します。基本的に、特殊清掃は、事件現場での原状回復や原状復旧に努めることが多い為、実作業において、非常に高度な専門知識やスキルが要求されます。具体的な作業として、遺体処理、消毒、害虫駆除、解体工事等が行われますので、スムーズな連携性を持たせる必要があります。特に、遺体の腐敗や腐乱が激しい場合には、その専門性が遺憾なく発揮されます。その他には、通称「ごみ屋敷」と呼ばれる場所の清掃を受け持ちます。この場合、遺体処理は無いものの、ごみの撤去、異臭除去、害虫駆除等が重点的に行われますので、高度な専門性が要求されます。最近では、一人暮らし世帯が増えて来ていることから、事件や事故に巻き込まれても、発見が遅れてしまう状況に陥る可能性が非常に高いと言えます。少子高齢化進む社会の中で、一人暮らし世帯の高齢化が問題視されています。何故なら、このような状況下では、孤独死を迎える可能性が非常に高まるからです。このような状況を少しでも解消する為には、誰かと常に連絡を取り合う対策を施すことが必要になります。しかし、現実問題として、孤独死を完全に無くすることは不可能に近いと言えます。その為、今後、孤独死を迎えた人の部屋に対して特殊清掃が行われる機会が増えることが予想されます。更に、一人暮らし世帯で身寄りのない人も増えて来ていることから、火葬や供養を含めて特殊清掃が行われる機会も増えることが予想されます。よって、少子高齢化社会には、特殊清掃業に対する需要を高める要素が多分に含まれていると言えます。